スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Condensation RAIN ウォレット バックアップ&復元方法

Condensation RAIN ウォレットバックアップ&復元方法です。
ウォレットはパソコンやサーバーで運用していますが、
故障など有事の際に大切な資産を失わないようご自身でしっかりと管理しましょう。


【ウォレットバックアップ方法】

①メニューのファイルから「ウォレットのバックアップ」を実行します。
rain_back_01.png 


②バックアップファイルを保存する場所とファイル名を指定して保存します。
rain_back_02.png 

③保存したバックアップファイルは大切に保管しましょう。
rain_back_03.png 


【ウォレット復元方法】

①ウォレットを復元するパソコンにRAINウォレットをインストールします。
 以下の手順②まで行い、RAINウォレットを閉じてください。

②エクスプローラにて「%appdata%\rain」をアドレス欄に入力し、Enterキーで開きます。
rain_rest_00.png

RAINウォレットのデータが格納されたフォルダが開かれます。
rain_rest_02.png


③rainフォルダの「wallet.dat」を削除または別の場所に移動します。
 (復元するwallet.datを格納するため)
 復元するバックアップデータのファイル名を「wallet.dat」にしてrainフォルダに格納します。
 ※データファイル名は「wallet.dat」でないと復元されませんのでご注意ください。
rain_rest_03.png 

④RAINウィレットを開きます。
rain_rest_04.png 


⑤開いた直後はウォレットがロックされています。
rain_rest_05.png 


⑥メニューの設定から「ウォレットをアンロック」を実行します。
rain_rest_06.png 


⑦復元したウォレットデータで設定していたパスフレーズを入力します。
rain_rest_07.png 


⑧ウォレットを復元&アンロックし、ネットワーク同期が完了すると右下のアイコンが
 以下のように全て点灯します。
rain_rest_08.png 


⑨復元されたウォレットのコイン保有枚数や「コインを受け取る」で確認できる受信アドレス
 正しいか確認しましょう。
rain_rest_09.png 

スポンサーサイト

コメント

復元できない(GOX中)

以前からブログを拝見しPosをしておりました。
Datファイルを入れ替え復元方法を実施したのですが、そもそもWalletのロック状態の表示になりません。何か見落としやすい点などありましたらご教示いただけましたら幸いです。

Re: 復元できない(GOX中)

> 以前からブログを拝見しPosをしておりました。
> Datファイルを入れ替え復元方法を実施したのですが、そもそもWalletのロック状態の表示になりません。何か見落としやすい点などありましたらご教示いただけましたら幸いです。


お問い合わせありがとうございます!
wallet.datの復元をされたようですが、新しいwallet-qtのネットワーク同期は完了していますでしょうか?
ネットワーク同期が完了しないとwallet-qtは正しい履歴や残高を表示できない可能性があります。

以下にトラブルシューティングを記しますので、現象に合わせて参考にしてみてください。


【Wallet-qt トラブルシューティング】

ウォレットデータ格納パス
%appdata%\"コインフォルダ"
例)RAINの場合、%appdata%\rain


【重要!!】
各種処置を行う前にwallet.datを確実にバックアップする。



【ウォレットが起動しなくなった場合の対処】
「対処方法1」を試して、ダメなら「対処方法2」を行ってみる


[対処方法1 タスクマネージャにてwallet-qt.exeを停止]
※ウォレットのタスクを確実に止める

①ウォレットを閉じる

②タスクマネージャを開き、該当のwallet-qt.exeが存在する場合は停止

③再度、wallet-qt.exeを起動


[対処方法2 Roamingフォルダのwalletデータを削除]
※ウォレットデータをすべて削除し、最初から再インストール

①ウォレットを閉じる

②タスクマネージャを開き、該当のwallet-qt.exeが存在する場合は停止

③エクスプローラで「%appdata%」(Roamingフォルダ)を開く

④該当ウォレットのフォルダを削除
※念のため、別の場所にフォルダごとバックアップしておくとより安全

⑤wallet-qt.exeを起動

⑥wallet-qt.exeを一旦閉じる

⑦バックアップしてあるwallet.datを「%appdata%」のウォレットフォルダ内に上書き
※もし、confファイルが必要な場合はそちらも格納する

⑧再度、wallet-qt.exeを起動
以下を確認
・受け取りタブのアドレスがバックアップしたアドレスと一致していること
・ネットワーク同期が開始されていること

⑨ウォレットをアンロック
起動直後はロック状態のため、ステークするためにアンロックする

⑩表示がおかしい!
処理の履歴や残高が正しく表示されない場合、以下の対処を試す
【ウォレットの表示がおかしくなった場合の対処】




【ウォレットの表示がおかしくなった場合の対処】
「対処方法1」を試して、ダメなら「対処方法2」を行ってみる


[対処方法1 repairwalletを実行]
※ウォレットデータに問題がないかチェックする

①ウォレットのデバッグコンソールで「repairwallet」


[対処方法2 rescanモードでウォレットを起動]
※ウォレットのトランザクション不整合をチェックするため、ブロックチェーンを再スキャンする

①ウォレットを閉じる

以下のA、Bの方法はどちらも同じことを行っている
分かりやすい方を選択

[A.コマンドプロンプトを使う場合]
②コマンドプロンプトを起動し、wallet-qt.exeにrescanオプションを付けて実行する
例) "C:\rain\Condensation-qt.exe" -rescan
※wallet-qt.exeの格納先は自身の環境に合わせてパスを入力する

[B.ショートカットを使う場合]
②wallet-qt.exeのショートカットを作成する

③作成したショートカットを右クリックでプロパティを開く

④ショートカットタブのリンク先の末尾に「-rescan」を追記する
例) "C:\rain\Condensation-qt.exe" -rescan
※wallet-qt.exeの格納先は自身の環境に合わせてパスを入力する

⑤ショートカットからウォレット実行

ウォレットが正常に復元された場合、次回起動は通常通りでOK

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nagi

Author:Nagi
暗号通貨関連の投資の優良案件をかなり早いタイミングでご提供します。
先行者利益が見込めるような有力な情報を発信していきます。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。